忍者文化研究プロジェクト レクチャー・デモンストレーション2016(ドイツ・オランダ)

忍者文化研究プロジェクト レクチャー・デモンストレーション2016(ドイツ・オランダ)を、国際交流基金ケルン日本文化会館および、在オランダ日本国大使館の協力のもと開催し、山田雄司人文学部教授、吉丸雄哉人文学部准教授、川上仁一社会連携特任教授が講演・実演を行いました。また、三重県にもご協力いただき、パネル・忍具の展示を行いました。ドイツでは110名、オランダでは50名ほどの熱心な方々の参加があり、忍術を学べる場所は伊賀にあるのか、忍術を生き方や医療に取り入れるなどの取り組みはないのかといった質問があり、当地でも忍者に対する人気が大変高いことがうかがえました。また、終了後も質問や記念写真をとられる方々が相次ぎました。

11月16日19:00~21:00 ケルン(ドイツ)ケルン日本文化会館

IMG_3529.JPG

IMG_3537.JPG

IMG_3525.JPG

ドイツ忍者講座.jpg

11月18日18:30~20:30 デンハーグ(オランダ)在オランダ日本国大使館

IMG_3814.JPG

IMG_3825.JPG

IMG_3798.JPG

オランダ忍者講座.jpg