「これから大学院へ進学しようと思っている人へ」

掲載日 2007年07月25日
発信元:人文学部

社会科学専攻 地域経営法務専修 2006年4月入学・男子

指導教官は豊福先生です。研究テーマはフリーターなどの若年雇用問題 を取り扱っています。私が大学院に進学しようと思ったきっかけは、4年生になり自分の中で「もう少しいろいろなことを勉強したい」と思い始めたからです。 三重大学大学院の特徴は少人数制なので、大人数制によくみられる先生からの一方的な講義ではなく、すべての講義がゼミ形式で行われ、また、先生方も大変親 切に指導してくださるので1つ1つの講義がとても充実しています。さらに、大学院では自分の専門分野にとどまらず、多くのことを学ぶことができるというこ とも私にとって魅力あるものです。
これから大学院へ進学しようと思っている人達に一言。
大学院では、1つ1つの講義に対する準備は大 変ですが、その分、とても充実しています。講義のイメージとしては、内容は高度になるとは思いますが、すべての講義が学部時代のゼミのようなものと思って くれたらいいと思います。大学院進学は自分にとって大変ためになることばかりですので、ぜひ挑戦してみてください。