大学院

理念

人文社会科学研究科の理念

人文社会科学研究科は、人文社会科学の諸分野における高度の専門知識に基づき、狭い専門領域にとらわれず、学際的、総合的な教育研究を行うことにより、複雑化、多様化する現代社会に柔軟に対応でき、創造的な知性と国際的な視野をもった研究者及び専門的職業人を育成することを目指す。

  • 地域文化論専攻の理念
    地域文化論専攻は、各地域に固有の文化を高度な専門性とともに学際性・総合性も視野に入れ、人文諸科学の様々な研究視点から探究することを教育研究の目的とし、地域文化の理解と発展等に指導的役割を発揮しうる人材を育成することを目指す。
  • 社会科学専攻の理念
    社会科学専攻は、社会の諸問題を社会科学の視点から高度な専門性と幅広い視野を持って考究することにより、地域社会に貢献することを教育研究の目的とし、地域における政策形成、企業活動等に指導的役割を発揮しうる人材を育成することを目指す。

内容

三重大学人文学部には大学院人文社会科学研究科(修士課程)があり、地域文化論専攻と社会科学専攻に分かれています。
入学定員は地域文化論専攻8名,社会科学専攻7名です。

専攻

講義の様子 地域文化論専攻では、歴史、哲学・思想、地理・地誌学、文化人類学、社会学・社会心理学、図書館・情報学、言語・文学を専攻することができます。所定の課程を修了すると修士(人文科学)の学位が授与されます。

社会科学専攻では、主に法律、経済、政治を中心に専門研究を進め、所定の課程を修了すると修士(社会科学)の学位が授与されます。

在籍者

現在の在籍者は以下のようになっています。(平成28〈2016〉年10月1日現在)

地域文化論専攻1年次2年次修了延期者
在籍者数 5名 8名 5名
社会科学専攻1年次2年次修了延期者
在籍者数 9名 7名 2名

在学期間に関する制度

有職者には夜間開講授業を履修することによって原則2年間で必要な単位を履修する標準在学コースの他、昼間開講授業と夜間 開講授業を履修することによって、原則1年間で必要な単位を履修する短期在学コースが用意されています。また、下記の長期履修学生制度も利用できます。

長期履修学生制度は、職業等に従事しながら、個人の事情に応じて、柔軟に標準修業年限(2年)を超えて履修し学位等を取得できるようにする制度です。長期履修学生として認められた場合は、修業年限は最大4年で、授業料は2年間(標準修業年限)に支払うべき授業料総額を、あらかじめ認められた修業年限で除した額をそれぞれの年(学期)に支払う事となります。長期履修を希望する者は、あらかじめ出願書類と共に「長期履修申請書」等必要書類を提出しなければなりません。本制度が適用される対象は、「一般選抜」及び「社会人特別選抜(標準在学コース(2年)に限る)」合格者で、長期履修申請が認められた者です。長期履修申請の審査結果は、合格発表時に本人に通知します。

最近の主な修士論文題目

 地域文化論専攻

「近世・近代の鳥羽志摩地方における芸能興行の実態と変遷-歌舞伎・人形芝居を中心として-」「近世から近代にかけての地域医療の変遷過程」「本居宣長の神観」「中国古鏡における最後の隆盛-盛唐期鏡の美術的特徴-」「『韓非子』における道家思想」 「古式土師器からみる3世紀前後の地域間交流―近江・伊賀地域を中心として―」「伊勢斎宮形成過程に関する一考察」 「足利義昭政権の研究―有力諸大名による連合政権論の提起」 「伊勢志摩における近代的産業の発展と地域社会―真珠産業を中心に―」 「バウアー写本の薬学的意義に関する研究―薬用植物の分類基準の変遷を中心に―」「『倭訓栞』研究―清逸本を中心に―」 「日中現代女性文学における家族観について―江国香織とアニー・ベイビーとの作品を取り上げて」 「日本語における削除制約の獲得と普遍文法」 「A Study on The Catcher in the Rye

 社会科学専攻

「金融危機後の日本の金融政策-その現状と課題」「~自治体の産業政策と地域経済~『亀山市と四日市市を事例として』」「日中両国におけるCSRの比較」「混合寡占市場の理論的分析について」「中国における住宅市場の形成と不動産業の発展」「不作為不法行為における電子掲示板管理者の作為義務について」「地方議会改革の現状とそのゆくえ」 「正義と他者の関わり スミスとセンの公平な観察者を中心として」 「児童虐待防止法をめぐる現状と課題」 「日本の高齢受刑者に関する研究」 「地域防災の現状と法制度からみた地域防災力確立への研究―三重県いなべ市を実例にして―」 「電子商取引における法的諸問題について」 「日本における年金資金運用の現状と課題」 「中国における金融自由化の現状と課題について」 「東アジアにおけるフラグメンテーションと国際貿易の理論的な分析」 「マーケティング・コミュニケーションと企業の発展戦略」 「地域社会の担い手としての持続的集落営農の可能性」

 大学院パンフレット.pdf