フィールドスタディ

ドイツ・フィールドスタディ「ドイツの排外主義と過去の克服」

文化学科2年 M.A

 私は、2016年度前期特殊講義「ドイツの排外主義と過去の克服」を履修し、10日間の海外研修に参加しました。この講義では、ナチやトルコ系労働移民について、実際にドイツへ赴いて勉強します。参加した学生それぞれが、排外はなぜ起きるのか、共生に向けて何が出来るのかを考えることがねらいです。事前学習では、グループごとにテーマを設定し、調べて発表するということを繰り返し行い、実際のドイツ研修へ向けて知識と理解を深めていきました。そして現地に行ってからは、ワークショップをとおし、ナチの強制収容所やベルリン市内にある戦争の記念碑を見たり、移民資料館や移民の子供が通う小学校を見学しました。参加者は皆、熱心に話に耳を傾け、当時に思いを馳せていました。


 私の一番思い出に残っていることは、夜に皆でひとつの部屋に集まって意見共有を行ったことです。自分が持っていなかった意見を他の参加者から聞くことができ、新たな気付きがたくさんありました。私はこの海外研修をきっかけにドイツにさらに興味が湧き、1年間の交換留学へ行くことにしました。皆さんも是非この海外研修に参加してみませんか?新たな出会いがきっとあなたを待っているはずです。

ドイツフィールドスタディ写真1

①ベルリン:ブランデンブルク門
この日はインラインスケートマラソンが開催されていた。

ドイツフィールドスタディ写真2

②ベルリン:ユダヤ人追悼記念像
この場所は強制収容所へ送られるユダヤ人の一時待機所となっていた。