「疑問を持ち考える」

掲載日 2007年07月25日
発信元:人文学部

社会科学専攻 地域経営法務専修 2007年4月入学・女子

私は大学院で、家族法の中でも子供の福祉という観点から、恵まれない 環境にいる子供を救うための里親制度の構築について研究しています。法律的な問題だけではなく社会全体の問題にまで目を向けなければ里親制度の充実を図る ことはできません。大学院の授業は少人数なので先生との距離が近く、自分が疑問を持ったことについて納得のいくまで議論をすることができ、充実した時間を 過ごすことができています。二年間で研究を深めると同時に、世の中にある様々な問題に対し、疑問を持ち自分の頭で考え表現できる力を身に付けたいと思いま す。