「社会を専門的に分析する」

                                                      掲載日 2011年11月

「社会を専門的に分析する」

社会科学専攻 地域行政政策専修 2011年4月入学

 

学部3年生の冬、就職活動が始まり私は漠然と社会の役に立つ仕事がしたいと思っていました。しかし、社会の役に立つとは自分にとってどういうことなのか悩み、答えが出ずにいました。悶々とする中、もっと学びたい、考えたいという思いが日に日に強くなり、私は人文社会科学研究科の受験を決意しました。その後、大学院の授業の中で先生や学友と議論を交わしたり、専門書をゆっくりと読むことを通じて社会の一片を理解し、自分の考えが見えてきたような気がします。自分の行く末に不安を感じたら立ち止まって悩むこともあります。しかし、勇気を出して一歩踏み出してみてはどうでしょう。一緒にここで勉強しませんか。