社会科学科 3年次編入生 2005年度編入学 地方自治論・岩崎ゼミ

掲載日 2006年03月31日
発信元:人文学部

私が編入した理由は、以前は法律の勉強をしていましたが、さらに社会的な見識を深めるために、経済の勉強をしたいと考えたからです。社会科学科は法律や経済だけでなく、経営や国際関係の分野についても学ぶことができ、将来の視野を広げることができると感じました。
実際に編入して一番驚いたことは、先生方と学生の距離が非常に近いということです。学問的にも、人間的にも尊敬できる先生が多く、様々な話を聞くことができ、とても有益であると感じました。
編入して一番よかったと思うことは、同期の編入生の志が高く、たいへん刺激になったということです。とくに社会科学科は多くの分野を勉強できるため、いろ いろな目標を持った人がいます。私自身、編入する前は、将来の目標に対して消極的になっていた部分がありましたが、今は、目標を必ず達成するために、日々 勉強しています。
編入学は単位面では厳しくなりますが、その分、多くのことを得ることができます。目標を高く遠くに持ち、学問に励みたいという方は、ぜひ三重大学に編入してみてはどうでしょうか。