伊賀連携フィールド

iga_logo.jpg

「三重大学伊賀連携フィールド 忍者文化協議会」については、こちらのページをご覧ください。

概要

三重大学人文学部は、地域産業、歴史、文化、経済などの「知の拠点」として上野商工会議所の地域活性化センター内に「三重大学伊賀連携フィールド」を開設し、上野商工会議所及び伊賀市と連携して、教育・文化振興・研究の推進を図るとともに、地域振興上の諸課題等に適切に対応することにより伊賀地域の充実・発展に貢献していきます。

調査研究

○活動テーマ:伊賀市における「中心市街地活性化」の取り組み 三重県下の多くの市町において都市経営上の課題としての「中心市街地活性化」がクローズアップされている。 少子高齢化の進展など、都市を取り巻く経営環境がいっそう厳しくなる中で、今後きわめて重要になる事業機会・ 就業機会の確保という政策テーマへの取り組みにおいて「中心市街地」をどう活用するか、その方向と方法を構想・ 確立すること目指す。

chousa1.jpg 学生による上野忍町「銀座通り」での聞き取り調査の様子 chousa2.jpg 調査結果(中間報告)

市民講座等

「伊賀再発見!忍者を活かした観光・まちづくり」をテーマに、さまざまな年齢層の市民が集まり、教養を深め、郷土の歴史、文化、自然に親しむことにより、よりよい地域社会を育み、市民が生涯に渡って学ぶ喜びを感じることのできるよう、様々な講座を開催しています。